幸旅京都~sachitabi-kyoto~さちたびより

京都の歴史に魅力に出会う、幸多き散策“さちたび”となりますように。京都の歴史(寺社)を探訪するハンドメイドペーパー(情報紙)『幸旅京都』の情報をお届けするブログです。

伊東甲子太郎150回忌追善法要~特別限定御朱印授与終了のお知らせ

去る今年11月12日(土)、京都市下京区にある実相本光寺(じっそうざん ほんこうじ)」で「伊東甲子太郎150回忌追善法要」が滞りなく、営まれました。

f:id:sachitabi-kyoto:20161124165233j:plain

▲法要当日、本光寺門前より。

f:id:sachitabi-kyoto:20161124165232j:plain

▲法要当日、本光寺門前の様子。

好天に恵まれた150回忌。たくさんの方々にご参列いただき、ご住職様、関係者の皆様、感謝されてらっしゃいました。

150回忌という節目の年に授与された伊東甲子太郎肖像画、そして甲子太郎の和歌が施された特別御朱印は、当初12月13日までおよそ1ヵ月間、授与されるご予定でしたが、予想をはるかに上回る多くの方々にご参拝いただけましたため「授与を終了」されましたことをご報告いたします。

なお、「祥月一五〇回忌」と墨書きされた御首題は、伊東甲子太郎新暦の命日(平成28年12月13日)まで授与されるご予定とのことです。

※詳細は本光寺様へお問い合わせください。京都観光Navi:本光寺

f:id:sachitabi-kyoto:20161126143233j:plain

▲御首題。旧暦11月18日、甲子太郎は本光寺で絶命。

f:id:sachitabi-kyoto:20161110160518j:plain

▲寺務所の様子。寺務所でお守りや御朱印などが授与されています。

f:id:sachitabi-kyoto:20161110160521j:plain

▲『幸旅京都(さちたびきょうと)第2号』。

本光寺様には伊東甲子太郎の基礎知識や本光寺様を紹介した『幸旅京都(さちたびきょうと)第2号』でお世話になりました。取材にご協力いただき、誠にありがとうございました。当紙は本光寺様で授与いただいております。ご興味のある方はぜひご参拝ください<(_ _)>

「幸旅京都」第2号より~11月12日、本光寺で行われる「伊東甲子太郎150回忌追善法要」のご紹介。限定御朱印も授与されます(※限定御朱印授与終了)。

当ブログは京都の歴史(寺社)を探訪するハンドメイドペーパー(情報紙)『幸旅京都 sachitabi-kyoto』の情報をお届けしています。現在、第1号は「高松神明神社」(京都市中京区)様、また第2号は「本光寺」(同、下京区)様で授与いただいております。『幸旅京都』というネーミングには、京都の歴史に魅力に出会う、幸多き散策“さちたび”となりますように…という願いを込めています。

不定期更新になるかと思いますが、今後、弊紙の制作状況などをお伝えすることができればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

■第2号発行のお知らせ ------------------------------------

今春、発刊した当紙第1号(※後述)に続き、今秋、第2号を無事発行することができました(^▽^) 第2号では、新選組参謀(さんぼう)、のち御陵衛士(ごりょうえじ)盟主・伊東甲子太郎(いとうかしたろう)絶命の地、日蓮宗寺院「本光寺」(京都市下京区)を取材しました。当号は本光寺様で授与いただいております。ご興味のある方はぜひご参詣ください<(_ _)>

f:id:sachitabi-kyoto:20161110160521j:plain

▲『幸旅京都』第2号

■11月12日(土)「伊東甲子太郎150回忌追善法要」が行われます ---------------------

第2号の記事中でも取り上げましたが、今週末11月12日(土)本光寺では「伊東甲子太郎150回忌追善法要」が執り行われます。当日、午前10時30分から本堂で読経が行われるとともに(参列自由)、甲子太郎の死を見届けた題目石塔(だいもくせきとう:「南無妙法蓮華経」と刻まれた石塔)の前に香炉が設置されますので法要日の開門中(午前10時~午後4時)、自由に参拝できます。

f:id:sachitabi-kyoto:20161110160519j:plain

本光寺 門前より

週間天気予報によると、今週土曜日は晴れとのこと(※当記事、作成時点。直近の天気予報をご確認ください<(_ _)>)。甲子太郎亡き後、150回忌という節目の年、ぜひご参列ください!!!

■期間限定授与。肖像画入り、和歌御朱印 ------------

法要当日(11月12日)から来月12月13日(火)まで、教養のある歌人であった甲子太郎をしのび、甲子太郎の和歌を墨書きした御朱印も期間限定で授与されます。御朱印には甲子太郎の肖像画も配置されるそうです。貴重な御朱印ですので、お参りされた方はぜひ寺務所へお声かけください。

(注)上記の肖像画、和歌の御朱印は授与終了。

f:id:sachitabi-kyoto:20161110160518j:plain

本光寺 寺務所風景

f:id:sachitabi-kyoto:20161110160522j:plain

▲通常授与されている御朱印(御首題)。法要当日から12月13日(火)まで肖像画入り、和歌御朱印が授与されます(※肖像画入り、和歌御朱印は授与終了)

■150回忌追善法要まとめ ----------------------------------

●法要日:2016年11月12日(土)午前10時~午後4時 

※午前10時30分~本堂で読経。

※限定御朱印は法要当日~12月13日(火)まで(※肖像画入り、和歌御朱印は授与終了)

※法要の詳細は下記webサイトをご確認ください。

kotonoha-gusa.com

●住所:京都市下京区油小路木津屋橋上ル

●交通:京都駅から徒歩約7分。京都駅中央口から塩小路油小路通を北上、東側

★バックナンバーのお知らせ ---------------------------

『幸旅京都』第1号は真田幸村(信繁)の念持仏を安置する「高松神明神社」(京都市中京区姉小路通釜座東入ル津軽町790)を大特集しました。高松神明神社で授与いただいておりますので、ご興味のある方はぜひお参りください!

f:id:sachitabi-kyoto:20161110160520j:plain

----------------------------------------------------------------

◎以上、今週末、本光寺で行われる「伊東甲子太郎150回忌追善法要」のお知らせでした。ご覧いただき、ありがとうございました。