読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸旅京都~sachitabi-kyoto~さちたびより

京都の歴史に魅力に出会う、幸多き散策“さちたび”となりますように。京都の歴史(寺社)を探訪するハンドメイドペーパー(情報紙)『幸旅京都』の情報をお届けするブログです。

伊東甲子太郎150回忌追善法要~特別限定御朱印授与終了のお知らせ

去る今年11月12日(土)、京都市下京区にある実相本光寺(じっそうざん ほんこうじ)」で「伊東甲子太郎150回忌追善法要」が滞りなく、営まれました。

f:id:sachitabi-kyoto:20161124165233j:plain

▲法要当日、本光寺門前より。

f:id:sachitabi-kyoto:20161124165232j:plain

▲法要当日、本光寺門前の様子。

好天に恵まれた150回忌。たくさんの方々にご参列いただき、ご住職様、関係者の皆様、感謝されてらっしゃいました。

150回忌という節目の年に授与された伊東甲子太郎肖像画、そして甲子太郎の和歌が施された特別御朱印は、当初12月13日までおよそ1ヵ月間、授与されるご予定でしたが、予想をはるかに上回る多くの方々にご参拝いただけましたため「授与を終了」されましたことをご報告いたします。

なお、「祥月一五〇回忌」と墨書きされた御首題は、伊東甲子太郎新暦の命日(平成28年12月13日)まで授与されるご予定とのことです。

※詳細は本光寺様へお問い合わせください。京都観光Navi:本光寺

f:id:sachitabi-kyoto:20161126143233j:plain

▲御首題。旧暦11月18日、甲子太郎は本光寺で絶命。

f:id:sachitabi-kyoto:20161110160518j:plain

▲寺務所の様子。寺務所でお守りや御朱印などが授与されています。

f:id:sachitabi-kyoto:20161110160521j:plain

▲『幸旅京都(さちたびきょうと)第2号』。

本光寺様には伊東甲子太郎の基礎知識や本光寺様を紹介した『幸旅京都(さちたびきょうと)第2号』でお世話になりました。取材にご協力いただき、誠にありがとうございました。当紙は本光寺様で授与いただいております。ご興味のある方はぜひご参拝ください<(_ _)>